Win10アップグレードでAdobeソフト フォトショ(Photoshop )、ドリームウィーバー(‎Dreamweaver)などの文字化けを直す方法

先日、SSD交換で容量をふやしたのでようやくWindows7からWindows10にアップグレードしました。
そしたら、AdobeのフォトショやDWが一部文字化けで仕事にならず・・・(Adobeのバージョンは「CC2015」)

調べたところ日本語フォントに何らかのトラブルがあり文字化けを起こしているようで
まず、UIフォント「メイリオ」が原因らしく削除する方法をやってみました。

この3つの方法で試してみたが解決できず「環境設定ファイルの再作成」などもやってみたがそれもダメでした。
さらに調べて、Adobeのコミュニティフォーラムからレテルノさんの方法を見つけこれで解決したので、ここにメモしておきます。

原因は、フォントフォルダに『msgothic.ttc』と『msgothic_0.ttc』が混在していると起こるようです。

  1. レジストリエディタを開きます。
    ・レジストリエディタの開き方
    ショートカットキー→[Win]+R(Windowsキーを押しながら「R」キーを押す)で「ファイル名を指定して実行」を開き「regedit」と入力し「OK」を押すと「レジストリエディタ」が起動します。
    2
    ・C:\Windows\regedit.exe
  2. 左ツリーから以下の場所へ
    →HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrantVersion\Fonts
  3. 右側にフォント一覧が表示されるのでそこから、「MS ゴシック & MS Pゴシック & MS UI Gothic (TrueType)」を探し、値のデータ「msgothic_0.ttc」部分を「msgothic.ttc」に変更します。
    3
  4. 変更したらレジストリエディタを閉じて、Windowsを再起動

アドビアプリケーションを立ち上げて文字化けが直ったことを確認してください。
どうやら、アドビではなくOS側の問題だったようですね。

この記事をシェアする

関連記事

  • 関連する記事は見当たりません…